音楽

2018.01.14

ライブ初め

土曜日、久々のキセルワンマン。恵比寿リキッドルームにて。

新作の「the blue hour」レコ発です。前作、前々作は、聴く曲はすごく聴くけど聴かない曲は全然聴かない、という感じだったけど、今回は全曲飛ばさずに聴いてしまう。ライブで聴くとまた印象が違って、歌詞に聴き入り、しっかりとリズムに乗れている自分がいる。いつのまにやらすっかり馴染んでいたようだ。

昔の曲はアレンジを変えていて、途中の二人だけコーナーの、弟ノコギリバージョンのベガがとても良かった!MCも今回冴えていて、リップクリームの貸し借りをする兄弟仲の良さに安堵。

ライブで今回のアルバム曲を聴いて思ったこと。ある曲を聴くと、辛いことも楽しいことも、その曲を聴いていた頃のことを思い出す、ということがよくあるのだけど、きっと今作はそういうことがないような気がする。それは悪い意味ではなく、現在進行形の日常にずっと寄り添ってくれるアルバムだということだ。深い思い入れはないかもしれないけど、常に新しい、今の気持ちで聴ける、そんな気がした。

最後、予定外だったのかな?ダブルアンコールはカバーの「しんしんしん」。今年初のライブは、とても心地良いものでした。

2018.01.08

30thDVD

年末に届いたスピッツの横浜アリーナのDVD、今日観たー!本当に波のり歌ってるわ。

やっぱりスピッツのライブはいいですなあ。ドキュメンタリーのほうも興味深かった。いろんな人がかかわって、支えられての30年なのね・・・。今年はゴースカの告知もあり、楽しみです。

昨晩のラジオも今日聴いた。本人も言っていたけど、今後ゲストとかありそうよね。ライブ出ることだし、エレカシとか出てくれないかな。

2018.01.02

夢すぎる

今年の初びっくり!エレカシの3月のアリーナ公演、2日目のゲストがなんとなんと、スピッツとミスチル!!!!夢の競演て!!!

ひええ、これ、プラチナチケットどころではないでしょう・・・。行けるものなら行きたいけど、取るの絶望的だわ・・・。

エレカシ、紅白も良かったなあ。最後に3組一緒に歌ったりもするのかな。うわー、すごい、豪華すぎる!

2017.12.29

30thDVD

スピッツのDVD、発売日に届いた!けど、年末落ち着かないのでまだ開封せず・・・。まあじっくり観ます。紅白は今年もなかったけど、エレカシも出るし、いずれはあるかな。あっても中継かしらん。

2017.12.25

不倫

不穏なタイトルですが、個人的不倫ソングトップ3。別名ゲスソングかしらん。(願望があるわけではないです。)なんとなく思っていたこと。

1)ANATAKIKOU 「潮騒のまま」 

2)椎名林檎 「茜さす 帰路照らされど・・・」

3)くるり 「続きのない夢の中」

「潮騒のまま」は、歌詞に男が指輪を隠す、という内容があって、まんま不倫の歌。同じアルバムに入っている「雨がやんだら」も、ちょっとそんな感じをにおわせる曲。こちらは女性のほうが既婚者っぽいけど。ふたつ目の林檎は実際してるから洒落にならんなあ・・・。名曲だけど。くるりのは、くるりのなかでもすごく好きな曲で、シャウトというか、おぅお、と歌う部分の声が個人的ベストオブ岸田声。どの曲も、明るい未来のない悲恋ですなあ。不倫はいかん。

次点はスピッツの「魚」かな。あれもやっぱり先に幸せのない恋の歌だと思う。

 

2017.12.24

メリークリスマス

志村君の命日。もう8年か・・・。合掌。

同時にクリスマスなのだけど、このどーもサンタがいい!皆微妙な顔してるけど、うちに来てくれたら大歓迎なのに。

Top_slide_domo01_2

2017.12.22

19th

昨日がマサムネさんの誕生日ということは、今日はどーもの誕生日!19歳おめでとう!!来年はいよいよ20周年・・・。冬季オリンピックどーももちょっと楽しみ。

で、来年の1月7日から、マサムネさんがパーソナリティのラジオ番組が!約1時間って結構すごいね。うちにラジオないんだけど、ネットで聴けるよね・・・。録音もできるのかしらん。

2017.12.21

50th

マサムネさん50歳の誕生日、おめでとうございます。これでスピッツのメンバー全員50歳になったのね。皆いい歳の取り方してるなあ。円熟味もあれば枯れぐあいもよく、まだまだこれから感もある。いい区切りだからついにXデー来るか、と思ったけどとりあえずなさそうねえ。

2017.12.17

イントア

行ってきた!・・・と書きたいところだったけど、今回は諸事情で参加できず。キセルのレコ発インストア@新宿タワレコ。ま、来月ワンマン行きますし。

今回のアルバム、なんだかんだで結構スルメ。何かのインタビュー記事を見つけた。兄が「ヘタしたら(耳に引っかからずに)流れていってしまうかもしれないけど、飽きずに何回も聴けるようなメロディーになればと思って」と語っていた。確かにそういうアルバムだと思う。繰り返すうち、じわじわ少しずつ染み込んでいく感じ。

個人的には聴き流すよりも聴きこむ方が好きだし、初聴きで心を打たれるような曲が欲しいとも思う。でも、これはこれでやっぱりキセルの音楽なんだなあ。今度は久々のワンマン、堪能してこよう・・・。

2017.12.12

さよなら

午後ティーのCM、改めて楓が名曲過ぎる・・・。この曲、数多くカバーされてるけど、個人的にはアポジーの永野君の弾き語りのが一番好き。

どうでもいいけど、「スピッツさん」という表現はいつもちょっと笑ってしまう。別に変じゃないのだけど。

より以前の記事一覧